オーダーメイド・特注デザインもお気軽にご相談下さい!
 
表札と看板の通販:ネームプラザ
電話番号など情報
買い物かご通販ご案内マイリスト
-
ホーム→取り付け方法→薄型プレート表札

取り付け方法 (薄型プレート表札)


■このページでは、薄型プレート表札(厚さ2mm以下程度の薄型プレート表札)の取り付け方法についてご説明しています。

■このページの取り付け方法をお勧めするシリーズは、「エッチング表札(プレートタイプ)」「タックプレート」「ファインブラスト」「ドライエッチング表札(プレートタイプ)」「リアルコートプレートタイプ」「フリッツシリーズ」「ピーナッツコレクション・アクリルタイプ」「ピーナッツコレクション・ステンレスタイプ」などです。

▼▼▼ お取り付け方法のタイプをお選び下さい ▼▼▼
【補足】…「ベースオプション」の「アクリルベース板(3mm厚)」付きの場合は、【A】の「直接壁面に貼り付ける場合」の取り付け方法をご参照下さい。
【A】両面テープや接着剤で直接壁面に貼り付ける場合
【 取り付け方法解説ムービー 】
(※こちらのムービーは両面テープのみによる取り付け例です。)
WindowsMedia QuickTime

ナローバンド(回線の遅い方)用

ブロードバンド(回線の速い方)用

ナローバンド(回線の遅い方)用

ブロードバンド(回線の速い方)用
■動画をご覧いただくには、 WindowsMediaPlayer または QuickTimePlayer が必要です。動画が見られない場合は、最新のプレイヤーをダウンロードしてお使いのパソコンにインストールして下さい。(各プレイヤーは無償でダウンロード出来ます。)
【 取り付け方法図解 】
■壁面がフラットな場合
壁面がフラットな場合には、両面テープのみでの取り付けが可能です。
まず、表札裏面に両面テープ(別売)を貼ります。

■壁面に凹凸がある場合
壁面に凹凸がある場合には、接着剤と両面テープの併用がお勧めです。
まず、表札裏面に両面テープ(別売)を貼り、接着剤(別売)を塗ります。


壁面に接着します。

両面テープ併用の場合、両面テープが接着剤が硬化するまでの仮止めとして機能します。

【B】差し込み式マンションユニットなどに取り付ける場合
【 取り付け方法図解 】
スライド式/落とし込み式の表札ユニットでタテヨコのサイズと厚みが適合する場合は、そのままユニットにはめ込んでご使用下さい。
【アドバイス】…「隠れる部分」に注意!
スライド式/落とし込み式のユニットでご使用の場合は表札上下が隠れますので、表札デザインによってはデザインアレンジをすることをお勧めします。
→詳細はこちらのページをお読み下さい。

【ご注意】…表札の「サイズの誤差」について

表札のサイズは、カタログ掲載のサイズ(あるいは、別寸ご指定のサイズ)に対して±0.5mm程度の誤差が出る場合があります
マンションパネルに差し込むような場合、ぴったりのサイズ指定ですと誤差のために商品を設置できなくなる恐れがあります。
確実にお取り付けできるように、例えば幅がきっかり120mmのスペースに差し込んで使用するのであれば、幅119mmのカスタムサイズを指定する、といったご注文をされるようお勧めいたします。

【ご注意その2】…表札の「厚み」について

当店のプレート系表札の厚みは、1mm/1.5mm/2mmなど、商品によって異なります。差し込み式で設置される場合は、商品の厚み情報(差し込み口に表札が収まるかどうか)を十分にご確認のうえご注文下さい。

【C】ベースオプションの「箱型使用」をご指定の場合
箱型仕様・イメージ

【補足】「箱型仕様(コの字ステー付き)」は、「エッチングプレート表札」 「ドライエッチングプレート表札」 「ファインブラスト」 「タックプレート」などのシリーズでご指定いただける追加有料オプションです。

商品によっては、「箱型仕様」オプションをご指定いただけない場合もあります。ご検討中の表札・看板の商品が「箱型仕様」オプションに対応しているかどうかは、それぞれの商品詳細ページをご参照下さい。

●「箱型仕様」は、本体の形状が四角形の場合のみご指定いただけます。「楕円形」「異型」「四隅R加工付き形状」の場合はご指定いただけません。

【 取り付け方法図解 】

「箱型仕様」の表札・看板は、
・箱型の本体
・取り付け用コの字ステー
・取り付け用ネジ
・アンカープラグ
などで構成されています。


表札・看板を設置したい位置に「コの字ステー」を合わせ、鉛筆などで穴の部分に印を付けます。

(1)で印を付けた位置に、ドリルなどで穴を開け(※直径7mm程度)、アンカープラグ(付属品)を差し込みます。
 
【ご注意】…サイディング壁など、内面が中空の壁面の場合は、別途パラシュートアンカーなどをご用意いただく必要があります。

「コの字ステー」を所定の位置に合わせ、タッピングネジ(付属品)で固定します。

(3)で壁面に取り付けたステーに、「箱型の本体」を被せます。

「コの字ステー」および「箱型の本体」の側面のビス穴の位置を合わせ、側面から皿ビス(付属品)で固定します。
以上でお取り付け完了です。

以上のような手順で、極めて簡単お取り付けいただけます。
また、接着剤などを使用する必要がないため、壁面の損傷も最小限に抑えることができます。


【D】ベースオプションの「ウラ面アクリル(8mm厚)」付きの場合
ウラ面アクリル(8mm厚)イメージ

【補足】「ウラ面アクリル(8mm厚)」はプレート型の表札・看板の裏側に厚手のアクリル板、およびボルトを追加するオプションです。
(※左の参考写真は、ステンレスのプレート表札の裏側に「ウラ面アクリル」を取り付けたものです)

商品によっては、「ウラ面アクリル(8mm厚)」オプションをご指定いただけない場合もあります。ご検討中の表札・看板の商品が「ウラ面アクリル(8mm厚)」オプションに対応しているかどうかは、それぞれの商品詳細ページをご参照下さい。

【 取り付け方法図解 】
ベースオプションの「ウラ面アクリル(8mm厚)」には、標準で設置用のボルトが付属します。

表札・看板を設置する壁面に、振動ドリルなどで下穴を開けます。

(2)で開けた下穴、本体のウラ面、壁面、にそれぞれ接着剤(別売)を塗ります。
(2)で開けた穴にボルトを通し、壁面に接着します。接着剤が硬化すればお取り付け完了です。

なお、ボルトを使用せずに、直接壁面に貼り付けることも可能です。

貼り付け設置の場合は、接着剤(別売)と両面テープ(別売り)の併用がお勧めです。
■ボルトは着脱が可能です。
壁面に穴を開けられない場合は、ボルトを使用せずにそのまま貼り付けることも可能です。
【E】ベースオプションの「セットアップ金具」付きの場合

「セットアップ金具」付きの場合のお取り付け方法については、別ページの「セットアップのお取り付け方法」をご参照下さい。

【→ セットアップ金具のお取り付け方法ページへ】

商品によっては、「セットアップ金具」オプションをご指定いただけない場合もあります。ご検討中の表札・看板の商品が「セットアップ金具」オプションに対応しているかどうかは、それぞれの商品詳細ページをご参照下さい。

セットアップ金具イメージ

【補足】「セットアップ金具」は表札・看板を壁面から立ち上げて設置するためのオプションパーツです。
ネジ留めで固定する設置方式となっていますので、接着剤不要で安心・確実なお取り付けができ、また、壁面の損傷も最小限に抑えることができます。

【F】ベースオプションの「Rベース」付きの場合
Rベース・イメージ

【補足】「Rベース」は、表札・看板のウラ面に厚み15mmの特殊樹脂製ベース材を追加するオプションです。ベース材は適度なクッション性のある素材ですので、凹凸のある壁面への設置にも適しています。

商品によっては、「Rベース」オプションをご指定いただけない場合もあります。ご検討中の表札・看板の商品が「Rベース」オプションに対応しているかどうかは、それぞれの商品詳細ページをご参照下さい。

【 取り付け方法図解 】
Rベース付き」でご注文の場合、両面テープと接着剤の併用で取り付けて下さい。
【ご注意】「Rベース付き」の場合、当店取り扱いの接着剤は材質的にご使用になれません。お手数ですが、市販の接着剤を別途お買い求め下さい。
Rベースのお取り付けに使用する接着剤は、セメダイン社の「スーパーX・超多用途・クリアータイプ」がお勧めです。
「Rベース」についてはこちらをご参照下さい。



※取り付けにあたってのご注意:

●取り付け用接着剤は、当店取り扱いの「表札・看板用接着剤」のご使用をお勧めします。当店の接着剤は充填剤としても機能しますので、ある程度の凹凸面であれば問題無くご使用いただけます。

●外壁の凹凸が大きいような場合は、施工業者、工務店などにご依頼いただき、取り付け下地を作っていただくことをお勧めします。

●壁面に大きな凹凸や特殊コーティングがある場合、両面テープや接着剤が機能しない場合があります。ご注意下さい。

●上記取り付け方法は推奨一例です。壁の状況などによっては取り付け方法が異なる場合があります。お客様ご自身による取り付けが困難と思われる場合には、施工業者などにご依頼されることをお勧めします。

-