表札と看板のネームプラザ
→→お取り付け方法
武田双雲コラボ表札「息吹」

武田双雲コラボ表札 : お取り付け方法


武田双雲コラボ表札シリーズは、表札のウラ面に特製の「取り付け用金具」がセットされています。

また、商品には「ビス」と「アンカープラグ」、および小型ビスを締めつけるための「ミニドライバー」(※注)が付属しています。

【※注】…付属品の「ミニドライバー」は、取り付け金具の側面の小型ビスを締める際にご使用いただく専用ドライバーです。
金具を壁面に固定するビスは通常サイズのものですので、一般的なドライバーで締めつけが可能です。
※一般サイズのドライバーは商品には付属しません。

表札ウラ面の取り付け金具
付属品
1

取り付け金具の「内側金具」(断面が台形になっている小型の金具)を、表札を取り付けたい位置に合わせ、ビス穴の位置に鉛筆などでアタリを取ります。

お取り付け方法−図1
2

【1】で取ったアタリの場所に、ドリルで下穴を開けます。

お取り付け方法−図2
3

【2】で開けた下穴に、付属品のアンカープラグを差し込みます。

「内側金具」を所定の位置に合わせ、付属品のビスでしっかりと固定します(※注)。

【※注】…ここでは、付属品の「ミニドライバー」は使用しません。
金具を壁面に固定するビスは通常サイズのものですので、一般的なドライバーで締めつけて下さい。
※一般サイズのドライバーは商品には付属しません。

お取り付け方法−図3
4

壁に取り付けた「内部金具」と、表札ウラ面の金具をはめ合わせます。
金具のはめ合わせには若干の遊びが設けてありますので、この時点で表札の水平・垂直の微調整ができます。

表札の水平・垂直が確認できたら、付属品のミニドライバーを使用して金具の小型ビスを締めつけます(小型ビスは上下左右4ヶ所あります)。

以上でお取り付け完了です!

お取り付け方法−図4

【ご注意】

壁面に表札埋め込み用の凹みが開いている場合、ミニドライバーを差し込むことができませんので、取り付け金具はご使用になれません。

凹みのある壁面には取り付けできません

専用取り付け金具には、こんなメリットがあります。

  • 取り付け金具の厚みの分(約9mm)、壁面から浮いた状態で表札が設置されます。より立体的な見栄えとなり、シルエットが出てとても美しく仕上がります。
  • 専用のミニドライバーで簡単に取り外すことができますので、お掃除も簡単です。
  • お引越しやリフォームの際にも、表札を破損することなく取り外すことができ、大切に長くお使いいただけます。また、ビスによる固定のため、取り外し後の壁面への損傷も最小限に抑えられます。