ネームプラザはレイアウトが事前確認出来ます。
 
表札と看板の通販:ネームプラザ
●営業時間/平日10:00〜17:00 ●フリーダイヤルは携帯からは繋がりません。
電話番号など情報

取り付け方法 (アンティーク看板)


■このページでは、アンティーク看板の取り付け方法についてご説明しています。

■このページの取り付け方法をお勧めするシリーズは、「アンティーク看板/銘板」などです。

▼▼▼ お取り付け方法のタイプをお選び下さい ▼▼▼
【A】両面テープや接着剤で直接壁面に貼り付ける場合
【 取り付け方法図解 】
1
■壁面がフラットな場合
壁面がフラットな場合には、両面テープのみでの取り付けが可能です。
まず、表札裏面に両面テープ(別売)を貼ります。

■壁面に凹凸がある場合
壁面に凹凸がある場合には、接着剤と両面テープの併用がお勧めです。
まず、表札裏面に両面テープ(別売)を貼り、接着剤(別売)を塗ります。


2
壁面に接着します。

両面テープ併用の場合、両面テープが接着剤が硬化するまでの仮止めとして機能します。

【B】ベースオプションの「スタッド金具」付きの場合
スタッド金具・イメージ

【補足】「スタッド金具」「天然石表札・看板」「タイル表札・看板」「人工大理石看板」などの追加有料オプションです。金属素材、天然木素材、マンション向け表札、…といった商品には対応しておりません

●スタッド金具オプションが適用可能な商品の場合、ご注文フォームでオプション選択メニューが表示されますので、そちらのメニューにて「スタッド金具付き」を選択の上ご注文下さい。

【 取り付け方法図解 】

「スタッド金具オプション付き」でご注文いただいた場合、表札(看板)のウラ面に図のような金具が付属します。

※スタッド金具は表札ウラ面に埋め込み接着されています。スタッド金具の取り外しはできません。
→スタッド金具についてのより詳しい情報はこちらをご参照下さい


※上図右側の「表札ウラ面写真」は、正方形のタイル表札の場合のサンプルイメージです。

表札・看板を設置する壁面に、振動ドリルなどで下穴を開けます。

(1)で開けた下穴、表札・看板のウラ面、および壁面にそれぞれ接着剤(別売)を塗ります。
(1)で開けた穴にスタッド金具のボルトを通し、接着します。接着剤が硬化すればお取り付け完了です。

【C】ベースオプションの「ウラ面アクリル(8mm厚)」付きの場合
ウラ面アクリル(8mm厚)イメージ

【補足】「ウラ面アクリル(8mm厚)」はプレート型の表札・看板の裏側に厚手のアクリル板、およびボルトを追加するオプションです。
(※左の参考写真は、ステンレスのプレート表札の裏側に「ウラ面アクリル」を取り付けたものです)

商品によっては、「ウラ面アクリル(8mm厚)」オプションをご指定いただけない場合もあります。ご検討中の表札・看板の商品が「ウラ面アクリル(8mm厚)」オプションに対応しているかどうかは、それぞれの商品詳細ページをご参照下さい。

【 取り付け方法図解 】
ベースオプションの「ウラ面アクリル(8mm厚)」には、標準で設置用のボルトが付属します。
 
【補足】…ボルトは取り外しができますので、壁面に穴が開けられない場合には「貼り付け方式」での設置も可能です。

表札・看板を設置する壁面に、振動ドリルなどで下穴を開けます。

(2)で開けた下穴、本体のウラ面、壁面、にそれぞれ接着剤(別売)を塗ります。
(2)で開けた穴にボルトを通し、壁面に接着します。接着剤が硬化すればお取り付け完了です。

なお、ボルトを使用せずに、直接壁面に貼り付けることも可能です。

貼り付け設置の場合は、接着剤(別売)と両面テープ(別売り)の併用がお勧めです。
■ボルトは着脱が可能です。
壁面に穴を開けられない場合は、ボルトを使用せずにそのまま貼り付けることも可能です。


× 閉じる
× 閉じる