送料無料キャンペーン実施中
 
表札と看板の通販:ネームプラザ
【お詫び】新型コロナ対策による影響のため、一時的にお電話窓口を休止しております。
0120-36-471006-6624-320006-6624-3711メール

取り付け方法 (立体曲げ加工ステンレス表札)


■このページでは、立体曲げ加工ステンレス表札の取り付け方法についてご説明しています。

■このページの取り付け方法をお勧めするシリーズは、「立体曲げ加工ステンレス表札」です。

▼▼▼ お取り付け方法のタイプをお選び下さい ▼▼▼
【A】付属のボルトを使用した取り付け方法(推奨)
【 取り付け方法図解 】
製品には、取り付け用のボルトが2本付属しています。まず、このボルトを表札の背面の穴に接着します。
さらに、表札の裏面に接着剤(別売)を塗ります。接着剤がはみ出さないように注意して下さい。

表札を設置する壁面に、振動ドリルなどで直径5mm、深さ25〜30mm程度の下穴を開けます。
2本のボルトの中心距離は130mmです。

(2)で開けた穴に、ボルトを通し、表札を接着します。

【B】壁面に穴を開けられない場合の取り付け方法
【 取り付け方法図解 】
壁面に穴を開けられない(付属のボルトを利用出来ない)場合には、接着剤と両面テープの併用がお勧めです。
まず、表札裏面に両面テープ(別売)を貼り、接着剤(別売)を塗ります。

壁面にも接着剤(別売)を塗り、接着します。
(1)で貼り付けた両面テープが、接着剤が硬化するまでの仮止めとして機能します。
【ご注意】付属のボルトを利用しない場合、両面テープのみで取り付けるのは危険です。



× 閉じる
× 閉じる