送料無料キャンペーン実施中
 
表札と看板の通販:ネームプラザ
電話番号など情報
 買い物かご 通販ご案内 Myリスト
-
ホーム取り付け方法ラスティ表札・アンティークタイプ

取り付け方法 (ラスティ表札・アンティークタイプ)

■このページでは、ラスティ表札・アンティークタイプの取り付け方法についてご説明しています。

■このページの取り付け方法をお勧めするシリーズは、「ラスティ・アンティークタイプ」です。

ラスティ表札・アンティークタイプのお取り付け方法
【 取り付け方法図解 】
ラスティ表札・アンティークタイプは、製品背面に直径6mm、長さ40mmのボルトが取り付けられています。

まず、取り付け位置に表札を合わせ、ボルトの位置に鉛筆などで印をつけます。

(1)でとった印の位置に、振動ドリルなどで直径7〜8mm、深さ30〜40mm程度の下穴を開けます。

(2)で開けた下穴の削り粉などをきれいに掃除してから、下穴に接着剤(別売)を塗ります。
表札背面のボルト側にも、接着剤を塗ります。

下穴にボルトを差し込みます。
およそ24時間で接着剤が乾燥・固着し、取り付け完了です。



※取り付けにあたってのご注意:

●取り付け用接着剤は、当店取り扱いの「表札・看板用接着剤」のご使用をお勧めします。当店の接着剤は充填剤としても機能しますので、ある程度の凹凸面であれば問題無くご使用いただけます。

●上記取り付け方法は推奨一例です。壁の状況などによっては取り付け方法が異なる場合があります。お客様ご自身による取り付けが困難と思われる場合には、施工業者などにご依頼されることをお勧めします。

-